鎮痛剤、使い続けると
効かなくなるって本当⁉︎

生理痛が辛くて
仕事などが手に着かない人は
鎮痛剤を服用して
痛みを和らげることもあると思います。

どんな薬もそうですが、
副作用や後遺症を考えると
なるべく服用したくないと思っている人も
多いはず…

ある日、
婦人科を受診し先生から
鎮痛剤を服用するか聞かれた際に
「なるべく飲まないようにしている」
と答えると、
「お!いいですね〜」
と褒められたのを覚えています。

鎮痛剤を服用し続けることで耐性ができ
効かなくなると聞いたことがあったので、
先生の言葉を聞いたことで
私の中でそれが確信に変わり、
それからは鎮痛剤を
飲まないようにしていました。

しかし、今回改めて
生理痛の鎮痛剤について調べていると、
むしろ服用することで生理痛やストレスも
軽減できるため我慢する必要はないと
言う先生もいましたし、
実際、鎮痛剤を生理痛の度に服用することで
耐性ができて効かなくなることは
ないと知りました。

私が受診した先生の発言の真意は
わかりませんが、
鎮痛剤はその場しのぎのもので、
生理痛が改善するためのものではない、
ということを伝えたかったのかも
しれません。

鎮痛剤が効かないと感じる理由

では、鎮痛剤が効かなくなると言われる
所以は何なのでしょうか?
理由は以下のことが考えられてます。

・鎮痛剤を飲むタイミングが遅い
・以前より生理痛がひどくなっている
・鎮痛剤への耐性がついた
・子宮内膜症など婦人科系の病気に
なっている

生理痛が始まってから鎮痛剤を
服用しても効くまでに時間がかかるため、
“効かない”と感じるのかもしれません。
鎮痛剤は生理痛になる前に服用することで
きちんと効果が発揮されるようです。

また、先ほども言ったように、
鎮痛剤を飲むことで耐性がつき
効かなくなることはないのですが、
用量、用法を守らずに服用した場合、
耐性がつくこともあるらしいのです。

鎮痛剤の効き目が感じられないからと
服用回数を増やすことで
耐性ついてしまうこともあるようです。

用量、用法を守って服用しても
効果が感じられない場合は、
以前よりも生理痛がひどくなったか、
子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などの
婦人科系の病気が考えられます。
心配な場合は産婦人科を受診し
相談することも必要だと感じました。

放っておくと危ない⁉︎
その痛み、子宮内膜症かも…

現代女性は以前と比べ、
子宮内膜炎になる割合が高いと
言われています。

その要因に次のことが挙げられます。

・食生活の欧米化
・初産年齢の高齢化
・出産回数の減少

食生活の欧米化により、以前と比べ
摂取できる栄養量が増えたことで、
女性は早いうちから大人の体つきになり、
初潮年齢も早まったとのこと。
初潮年齢が早まったということは、
現代女性が一生涯に経験する月経回数が
以前よりも多いということになります。
個人差もありますが、月経を繰り返す度に
子宮内膜炎が進行する人もいることから、
月経回数が多い分、子宮内膜炎にかかる割合も
増えていると考えられています。

また、
個人差がありますが
出産すると子宮内膜症が良くなる
こともあるようなのです。
実際、子宮内膜症の原因に
子宮口の小ささが挙げられており、
妊娠することで子宮口が広がり、
子宮内膜症の症状が改善すると
考えられています。
初産年齢が高齢化している現代、
子宮内膜症にかかる割合も増すと
考えられています。

子宮内膜症、予防策は?

今のところ、
子宮内膜症の原因ははっきり
わかられていません。
また、予防・改善策は出産・閉経だそう…
そう言われても、
人それぞれタイミングが違いますよね…

ただ、子宮内膜症は初潮前と閉経後には
ならないことから、
女性ホルモンが関係しているとも
言われています。

女性ホルモンが乱れていると
生理不順が起こったり、
生理痛がひどくなったりと、
様々な体調不良を引き起こします。

必ずしも子宮内膜症の予防・改善策に
なるとは限りませんが、
女性ホルモンを正常に維持することは
女性が健康的にストレスなく過ごすためには
大切だと考えられています。

……つづく……