ココナッツオイル、
使い方は??

未だ人気のココナッツオイル。
普段のコーヒーにスプーン
1杯ちょい足しして飲んでいます!
コーヒーがココナッツの香りで華やかになって
癒されるんですよね~(^^)
そして唇がグロスを塗った後みたいに
ツヤッツヤになります・・・(笑)


前回はココナッツオイルも使った
ヴィーガンレシピ、
【チョコレートグラノーラ】
の作り方をご紹介しました。

この他にもココナッツオイルを使った
ヴィーガンレシピを発見したので、
ご紹介していきたいと思います!

①ビーガン*ココナッツオイルでトリュフ♪
Cpicon ビーガン*ココナッツオイルでトリュフ♪ by アリサン

②木綿豆腐入り ふんわりヴィーガンマフィン
Cpicon 木綿豆腐入り ふんわりヴィーガンマフィン by きらりん☆彡

③ヴィーガンバター
Cpicon ヴィーガンバター by migi45

④煮込5分★簡単ビーガングリーンカレー
Cpicon 煮込5分★簡単ビーガングリーンカレー by choco_sawa

どれも美味しそう(^^)

『ココナッツオイルは体に良い』
と言われているのは
なんとなく知っていますが、
どんな効能があるのかなど、
きちんとわかっていませんでした(^^;)

今回は気になるココナッツオイルの効能を
調べていきたいと思います!

ココナッツオイルは
MCTが豊富!

ココナッツオイルには合成ではない
天然の中鎖脂肪酸(MCT)が
豊富に含まれています。

中鎖脂肪酸(MCT)って・・・?

中佐脂肪酸=MCTは
“Medium Chain Triglycerides”の略で、
ココナッツなどのヤシ科植物の
種子の核部分に含まれる
天然成分なんだそうです。

お料理でよく使われる
サラダ油やオリーブオイルなどは
ほとんどが長鎖脂肪酸=LCT
(Long Chain Triglyceridesの略)
だそうで・・・

長鎖脂肪酸は小腸から消化・吸収されたあと、
リンパ管・血管・全身を通って必要に応じて
エネルギー化するのに対し、
中鎖脂肪酸は小腸から門脈を経由して
直接肝臓へと運ばれ、
すぐにエネルギー化されるんだとか!

その速さは長鎖脂肪酸と比べ
消化・吸収のスピードは“約4倍”、
代謝のスピードも“約10倍”らしいのです!

ダイエットへの効果が期待されているのも、
中鎖脂肪酸にこのような性質があるからなんでしょうね!