自分の中の有機・無農薬・
国産野菜“神話”

健康や安全、環境保護の観点から、
野菜を買う際に、
“有機(オーガニック)”
“無農薬”
“国産”
のものを選ぶ人は多いと思います。

私自身、
有機+無農薬野菜+国産=ベスト
だと思い込んでいたのですが、
そうではないかもしれないんです。

気にするべきは“種”

野菜が育つ過程ではなく、
”自体がどういうものなのか
気にしたことはありますか?

種には
・固定種
・F1種
の2種類があります。

今スーパーなどに並んでいる
ほとんどの野菜がF1種なんだそう。
有機・無農薬野菜もです。

F1種とは、
異なる品種同士を人工交配し
生まれた種なんだそう。
ハイブリット種や一代雑種とも
呼ばれています。

ではなぜ、わざわざ人工交配
しなければならないのか・・・

それは効率性・均一性を
持たせるためなんです。

形・大きさを揃えることで
品質に均一性を持たせ、
生育速度を早めることで
収穫量を多くしたり、
収穫時期を揃えることで
効率性を持たせています。

言われてみれば、スーパーに並んでいる
野菜はどれも形がきれいで、
大きさも大体同じような気がしますよね。

F1種の作り方はまず、成熟前の蕾を開いて
雄しべを引き抜きます。
これを除雄(じょゆう)といいます。
雌しべが受粉可能になったら、
異なる品種の花粉を人工交配します。

特徴が現れやすい遺伝子は※顕性、
現れにくい遺伝子は※潜性
と言われていますが、
異なる二つの品種を掛け合わせると、
顕性の形質のみが子に現れる
メンデルの法則を利用します。

※以前までは顕性は優性、
潜性は劣性と呼ばれていました。

例えば、小松菜とチンゲン菜を
人工交配するとします。
小松菜は出荷前の袋詰めの際などに
茎が折れてしまうことがあるそうなんですが、
チンゲン菜を掛け合わせることで、
茎が太くて丈夫な品種ができあがります。

しかし、その実から種は採れますが、
その種を撒いても芽が出にくかったり、
実がなったとしても
メンデルの法則によって、
その親とは違った形質が現れるので、
均一性・効率性は望めません。

そのためF1種から採れた種が
撒かれることなく、
一代限りで役割を終えてしまいます。

ん??じゃあF1種は一体なにが問題なの??

今まで自然交配しないよう、
一つ一つ手作業で雄しべを取り除く
“除雄(じょゆう)”をしていたそうなんです。

ところがある日、カリフォルニアの
玉ねぎ畑で雄しべの無い花が
発見されました。
そのように正常に花粉形成ができない
状態のことを雄性不稔と言います。

これがきっかけで、
「元々雄しべが無ければいちいち
雄しべを取り除かなくて良いじゃない!」
ということになったんです。

それから、
雄性不稔の品種と異なる品種とを交配させて
雄性不稔F1品種を作るようになったのです。

この雄性不稔は
人間に置き換えると、無精子症、不妊症です。

子孫を残せない遺伝子を持つ品種を食べると、
人間も無精子症・不妊症になるのでは??
と警鐘を鳴らす方もいます。

科学的根拠はまだないようですが、
もしもこの話が本当だったら・・・
「体に良くないです!ごめんなさい!」
ではすでに手遅れです。

私自身、
めざせヴィーガン生活をおくっています。
『自然・動物を大切にしたい』
というヴィーガン精神から言うと、
自然では有り得ない品種を
人工的に作っている時点で
奇妙な気がしてなりません。
実際に大量生産で飢餓が減り
助けられる命が増えたとも言われていますが、
もしもその野菜で体に悪影響があったら?
とも考えてしまいます。

小松菜とチンゲン菜を
掛け合わせた品種ですが、
その表示がされず“小松菜”として
売られているものもあるようです。

知らず知らずのうちに
何なのかよくわからないものを
口にしている・・・
そう思うと怖いなと思います。

そしてこのF1種、
ほとんどが海外産だそうです。

国産として売っている野菜は
確かに日本で育ってはいますが、
種は海外産です。
まずここに矛盾を感じてしまいます。
もちろん、商品にはそのような表示は
されていせん。

これから何を食べれば
いいのか

問題はここですよね。

最初にお話しましたが、
固定種という種があります。

在来種とも呼ばれ、
“収穫した実から種を採って、
その種を土に撒いき、また実ができる・・”
を繰り返してきた、昔ながらの種なんだそう。

その種は採種を繰り返すうちに、
その土地の環境に適応して
その土地ならではの種になっていきます。
鎌倉野菜や京野菜などがそうです。

固定種の野菜は無農薬・無肥料でも
おいしいらしいのです。

固定種を販売しているお店があります。
それが【野口のタネ】です。

オンラインショップもありました!
ジュンク堂書店池袋本店でも
売っているんですね!

野口さんは固定種を守ろうと
様々な活動をされてる方です。
ちなみに、種にはF1種であると
表示する義務はない
そうです。

固定種を買いたい方は野口さんから
買うのが確実かもしれません。

私は自分の畑を持っていないので、
家庭菜園で作れる野菜は作って、
それ以外はできるだけ
有機・無農薬野菜を買うのが、
今のところ私にとっての
ベストなような気がします・・・

今回は少しでも多くの方に
興味を持ってもらいたいと思い、
簡潔に書たつもりです。

次回はもっと深堀していく予定です。
興味を持ってくださった方は
ぜひ次回もご覧ください!

ただ今ブログ村ランキング参加中!

ポチしていただけると
ランキングが上がります。
自動的に私のモチベーションも上がります!
ぜひ、応援お願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村