私自身、1年ほど前から
ハトムギ美容水を愛用しています。

そもそもハトムギ美容水を
知ったきっかけは、
一緒に暮らしている彼が使っていたから。

プチプラなのにはと麦が入っているんだとか。
どんだけ美意識高いの?って感じですが・・・
値段は500ml入って500円ほど。
私の中で
“値段が高ければ高いほど良いもの”
というイメージがあったので
あまり期待せずに使ってみました。

使ってみて感じたことは、
プチプラなので躊躇なく
ドボドボ使えるということ。
高い化粧水だともったいなくて
チビチビ使ってしまうんですよね・・・

あとアルコールフリーなので
敏感肌の私もしみません。
しかも無香料・無着色料・・・
このコスパでこのスペック、
なかなか探してもありません。

どんな成分でできているの?

成分表は以下の通り・・・

水、BG、DPG、グリセリン、ハトムギ種子エキスヒアルロン酸Na、トレハロース、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、トリエチルヘキサノイン、グリチルリチン酸2K、ジフェニルジメチコン、HEDTA-3Na、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノールメチルパラベン

ハトムギ種子エキス

ハトムギ種子エキスとは
はと麦の種子から抽出しもの。
ハトムギ種子エキスには
保湿・消炎効果があり、
角質層に潤いを与えて
乾燥や肌荒れを防いでくれてるらしいのです。

ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸Na=ヒアルロン酸ナトリウム
にも保湿効果があるようです。
ヒアルロン酸は私たちのお肌に
もともとある成分ですが、
加齢とともに減少していくんだとか・・・
そんなヒアルロン酸を補えるのは
嬉しいですよね!

フェノキシエタノール

最初にアルコールフリーとご紹介しましたが、
アルコールは成分表では
エタノールと表記されています。
では、フェノキシエタノールという成分は
エタノールのことなのでしょうか?

フェノキシエタノールは化粧品の品質を保つための防腐剤・殺菌作用として使われています。昔から化粧水の防腐剤には「パラベン」が使われていました。しかし、パラベンは肌への刺激が強いことから使用が懸念されていました。そのパラベンに代わる新しい防腐剤としてフェノキシエタノールが使われるようになったのです。

フェノキシエタノールとは
パラベンの代わりとなる防腐剤・
殺菌作用の役割がある成分のようです。

ほとんどの化粧水には
アルコール=エタノールが入っていて、
それが防腐剤の代わりになっています。
エタノールを入れない代わりに
フェノキシエタノールが
入っているということになります。

せっかくアルコールフリーのものを選んでも
防腐剤が入っている・・・!

防腐剤も品質を保つための重要な役割を
果たしているのはわかっていますが、
肌のことを考えるとなるべく余計なものは
入っていてほしくないって思うんです。

また、メチルパラベン
という成分も入っています。

メチルパラベン

メチルパラベンもまた、
防腐剤の役割があるようです。

メチルパラベンという成分がありますが、メチルは食品にも使われている成分でありかなりの研究されているので安心して使うことができると言われています。

パラベンには5種類あって
メチルパラベンはその中でも
安全性が高いのだそう。

だいたいの化粧品に入っている成分で、化粧品内に入れてもいい量は決まっていますが、少量でもお肌に悪影響をもたらす場合もあるからなのです。

安全性が高いものの、
パラベンには規定量があります。
成分表は配分量が多い順に
記載されていますが、
よく見るとフェノキシエタノールも
メチルパラベンも
後ろの方に記載されています。
このことからも、2つの成分の配分量が
少ないことがわかりますね。

肌に使うものの中に
規定量が定められている成分が
使われていて本当に安全なのでしょうか??

あれ?おすすめを紹介するつもりが・・・

私が愛用しているハトムギ美容水って
こんなにすばらしいんだよ~
と紹介するつもりでしたが、
いろいろ調べていくうちに

「人におすすめできるの??」
「私自身、このまま使い続けていいの??」

という不安がでてきたのです・・・

けして商品を批判したい訳ではありませんし、
フェノキシエタノールもパラベンも
ほとんどの化粧水に
含まれているようなのです。

今回私がお伝えしたかったのは、
「成分表、ちゃんと見ていますか?」
ということです。

私自身、商品のパッケージに書いてある
アルコールフリー・無香料・無着色のものを
選ぶようにしてきましたが、
成分表は“見てもよくわからない”
という理由で見ずに過ごしてきました。

健康に気をつかっている方なら
食品に何が含まれているか気にするように、
肌に使うものも気にしてほしいと
思うのです・・・

もしも肌トラブルで悩んでいる方がいたら、
使っている化粧水の成分を一度確認する
価値はあるかもしれません。

今後、
防腐剤やアルコールが含まれていない
化粧水はあるのか調べていきたいと
思っています。